医療レーザー脱毛との比較

脱毛はどこで受けても一緒だから、できるだけ安いところを探そうと考える人が多いです。

しかし、日本では脱毛できる場所が二か所あり、その違いによって効果が大きく変わってきます。基本的に、厚生労働省は脱毛は医療行為として認定しています。これは、毛を生えなくさせるという行為が、人間の体に作用しているためです。医療レーザー脱毛は、医療機関でレーザーを使って行う脱毛で、医療行為としての脱毛に当てはまっています。皮膚科や美容外科などで施術を行うことができ、医師がお肌と毛の状態を診察してから施術に入るので、個人の状態に合わせた脱毛ができます。

医療レーザー脱毛で使われるレーザーは、毛根を破壊して、毛を生えなくさせます。毛根が破壊されると毛を作り出すことができなくなり、確実な脱毛ができます。また、医療レーザー脱毛とよく比較される脱毛サロンやエステは、病院ではないのでレーザーを使った脱毛ができません。そのため、弱い出力のフラッシュという光を代用していますが、毛根を破壊することができません。

施術で一時的にムダ毛が減っても、しばらくすると生えてしまうというトラブルが多発しています。料金はエステの方が安いですが、施術しても毛が生える問題を考えると、初めから医療レーザー脱毛を受けた方が、ムダ毛を早くなくすことができ、費用も安く上がります。安心で確実な脱毛を行おうとすると、医療レーザー脱毛を受けた方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です