医療レーザー脱毛で抜けるわけ

医療レーザー脱毛はレーザーを当てるだけで脱毛できる方法です。

従来の針脱毛に比べて痛みも減り、脱毛のスピードも格段にアップしたわけですが、なぜレーザーを当てるだけで脱毛できるのでしょうか。それは使用するレーザーに秘密があります。このレーザーは黒い色に反応して熱エネルギーを与える性質があります。照射前にはムダ毛を剃っておくことで、レーザーが肌内部の黒色の毛根のみをターゲットとして熱エネルギーによってダメージを与えられるからです。

ただ、ここで気を付けたいのが毛周期です。毛には生えてから抜け落ちてまた生えるといういわば毛の一生があります。このサイクルを毛周期と言いますが、レーザーが効果があるのがその中でも毛がどんどん成長する成長期の毛だけといわれています。照射部分でも毛周期はそれぞれ異なるので1回の照射では終わらずに、間隔をあけて複数回の照射を繰り返す必要があるわけです。

医療レーザー脱毛は医療と名がつきますが、一般的に健康保険が使えません。そのため高額な費用がかかり、全身脱毛であれば安いところでも30万円ほどかかってしまいます。ただ、安いといわれるエステの光脱毛でも全身脱毛には10万円かかりますし、それにこちらはツルツルにはできません。仮にできてもまた生えてくる可能性が高いのです。それよりも値段は高くても一旦ツルツルになればその状態を一生維持できる医療レーザー脱毛の方が、長期的スパンで考えるとお得と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です