医療レーザー脱毛の特徴

医療レーザー脱毛は医療機関の医師の管理下で使うことができる医療用のレーザーによる機器を用いた永久脱毛です。

レーザー機器については、メラニンという黒い色素に反応する波長帯のレーザーを照射するもので、エステサロン、脱毛サロンで使われる機器よりも出力が強いものです。黒いむだ毛に反応しその毛根の毛を作る細胞を熱破壊して、再び毛が生えるのを止めるというメカニズムです。この機器は脱毛効果が非常に高く、照射範囲も広い、また安全性が高いものになります。照射にともなう痛みが少ないものでもあります。

輪ゴムをはじいたくらいの痛みです。また、むだ毛のセルフケアなどで傷ついた肌に対しても用いることができます。この医療レーザー脱毛には美肌、美白効果もあります。脱毛後は毛がなくなるために毛穴がふさがり、毛穴が目立たなくなり、肌のきめが細かくなりますし、肌のくすみやざらつきも改善します。

日本では1996年頃から、上記のようなレーザー機器による医療レーザー脱毛が行われるようになりました。カミソリや毛抜き、脱毛クリームなどを用いたセルフケアは、肌が荒れやすいです。医療レーザー脱毛は毛根の部分のみに作用するものですから、肌を痛めることはありません。その上スピーディーに脱毛することができます。両脇の場合なら10分程です。脱毛終了までの期間に関しては、部位や毛の状態、体調などによって違ってきますが、1年~1年半が目安です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です