医療レーザー脱毛の一連の流れ

医療レーザー脱毛を行う美容外科クリニックなどの医療機関では、まずカウンセリングを行い、患者さんにとって一番適している医療レーザー脱毛の施術を施せるように、患者さんが医療レーザー脱毛の施術を受けたい場所や抱えているお肌についての悩みをヒアリングしていきます。

そして、ムダ毛が伸びている状態では医療レーザーを照射することができないため、前もってムダ毛を剃刀などで剃っておく必要があります。本格的に医療レーザー脱毛の施術を受ける前に、患者さんのお肌にテストとして医療レーザーを照射してみて、問題がなければ本格的に施術を施していきます。

そして、脱毛の施術が済んだら、アフターケアとして、脱毛の施術によりデリケートな状態のお肌にトリートメントなどを塗ってケアをします。アフターケアをしてくれるとはいっても、その後に患者さん自身もデリケートな状態のお肌をケアする必要があります。お風呂の湯船に浸かったり、温泉やプールに行ったり、汗をかいてしまうぐらい身体を動かしたり、お酒を飲んだりするのは、お肌の赤みが治まってからにする必要があります。

体温が上昇して血液の流れが速くなると、お肌が赤らんだり、痒くなったりすることがあります。医療レーザー脱毛が終了するまでは、脱毛を施している部分を日焼けしないように注意する必要があります。日焼けをすると脱毛の施術で火傷を負う恐れがあるので、脱毛の施術を断られることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です