レーザー脱毛と色素沈着

レーザー脱毛は脱毛効果の高い方法となりますが、施術ができない場合もありますので注意が必要です。

レーザー脱毛は毛の黒い色素に反応することで熱を発し、その熱により毛母細胞を破壊する仕組みとなっています。熱により破壊することで痛みを伴いますが、通常であれば毛穴部分に感じる痛みとなります。黒い色素に反応することからも分かる通り、毛以外の黒さにも反応してしまいますので肌の色が黒いと激しい痛みを感じることになります。ですから一般に色素沈着や日焼けがあると施術が行えないのが基本となります。

しかし最近では色素沈着があっても施術ができる脱毛機器がありますので、色素沈着があるからといって必ずしもできないわけではないと言えます。レーザー脱毛は出力の調整により痛みを軽減することも可能ですが、出力を下げると脱毛効果も下がりますので、できる限り日焼けは控える必要があります。色素沈着に関してはすぐに解消できるものではありませんが、レーザー脱毛により自己処理が不要となれば改善効果も期待できます。

色素沈着は自己処理による刺激で起こることもありますので、自己処理がいらなくなれば徐々に白さを取り戻していきます。ムダ毛処理とともに色々なメリットが出てきますが、特にアンダーヘアに関してはその傾向が強いため、自己処理クリニックで処理したほうが良いと言えます。レーザー脱毛ではアンダーヘアの施術を行うと痛みが強くでますので、痛みを軽減する対策が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です