レンタルコピー機の長期利用

最近は文書のペーパーレス化が進んでいるとはいっても、官公庁への申請や届出などはあいかわらず紙ベースの文書といったことが多く、しかも同じ文書を何部も作成して提出しなければならないことが多くあります。

このような場合に手作業ですべて作成していては非効率ですので、コピー機を手元に置いて副本を作成するのが理想です。しかし実際にコピー機の新品を購入しようとした場合には、性能がよければよいほど取得費用も高くなってしまいますので、大企業であればともかく、個人事業主や中小企業では多額の費用をついやすのも難しいところです。

そこで注目しておきたいのはコピー機のレンタルであって、この方法を使えば一日単位でも現物を使用することが可能なため、一度に多くの金額の負担なしでも十分に目的を果たすことができるようになります。コピー機のレンタルは比較的短期の利用に向いているといわれており、長期の場合はリース方式などの別の方式と比較すると、料金がやや高くなってしまうおそれがあります。

しかしレンタルであってもかならずしも長期利用ができないわけではなく、リース方式が使えない場合にはかえって適した方法といえます。リース方式では事前に審査を経て契約をするかたちとなるため、個人事業主などは審査を通過できないおそれがあり、この場合は選択肢としてレンタル以外は考えにくいはずです。また最近は月単位での割安な料金体系を導入するなど、長期利用を見据えたサービスをするショップも増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *