初期負担が少ないレンタルコピー機

コピー機といえばオフィスのなかでなくてはならないもののひとつに挙げられますが、そうはいっても値段がきわめて高く、かんたんには手が出せないのも事実です。

昔と違い最新式のコピー機は機能がより向上しており、自動的に冊子をステープラーで綴じたり、パソコンやタブレット端末と通信をして指令を受けたり、写真やポスターをスキャンして画像データを取り込んだりする機能などをもっていることがあります。

機能の進化につれて値段が高くなってしまうのは当然のことですが、購入する立場とすればせめて少しは安くなってほしいと念願するほかはありません。このような場合にはレンタルでコピー機を導入するのがもっともよい方法といえ、特に初期負担をできるだけ安くするのに貢献します。

購入の場合には新品の価格全額を一度に支払わなければならず、初期負担としては膨大な金額となってしまい、複数台であればなおさらです。しかしレンタルであれば基本料金は使った日数分というのが一般的であり、一度に支払いをするのではなく、期間終了後かあるいは毎月の請求となりますので、購入よりもはるかに負担感が少なくなります。そのほかにも購入であれば帳簿に記載して減価償却をしなければなりませんが、レンタルであればそれを必要とせずに経費で落とすことが可能です。また償却資産の固定資産税などもかかりませんので、その意味でも使用する側の負担が少なくなり、経営が楽になるといえます。
コピー機のレンタルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *