コピー機レンタルと料金体系

コピー機がオフィスにほしい場合に、さしあたってのお金がないのにメーカーから新品を購入する必要まではなく、レンタルで導入する方法があることは覚えておいてもよいことです。

特に最新式のコピー機は文書をコピーするだけにとどまらず、パソコンやスマートフォンなどの端末と連動できる機能がついていることもあって、きわめて高額なのが購入する上での最大のハードルです。しかしレンタルであればきわめて安い価格で必要な期間だけ手元に置くことができるため、購入するよりもむしろ満足度が高くなることがあるといえるでしょう。

コピー機をレンタルする場合の料金体系はショップごとに異なりますので一概にいえませんが、通常は基本料金として借り上げる期間に応じた金額が決まっています。これは期間そのものもさることながら、機種によっても単価が高くなったり安くなったりすることがあります。

たとえば単色のコピーしかできない機種は安価ですし、フルカラープリントができる機種やパソコンなどとの連動ができる機種は高く設定されていることがほとんどです。その他基本料金のほかに支払わなければならない費用もありますが、これも基本料金のなかにすでに含まれている場合もありえますので、ショップに問い合わせてみるのが確実といえます。通常はショップから使用する場所まで輸送したり、設置や撤去をするために要する工賃や輸送費、紙詰まりなどの際にメンテナンスをするための費用などが該当します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *