コピー機をレンタルする際の費用

コピー機はオフィスで恒常的に使用する場合が多いものの、たとえば引っ越しにあたっての仮設事務所での使用であったり、イベントでの使用であったりと、ごく短期間に限って使用する機会も少なくはありません。

このような場合には新品をいちいち購入していては費用対効果の面で大きなロスが発生してしまいますので、購入以外の他の手段を考えるのが妥当です。そこで便利に使えるのがコピー機をレンタルできるサービスであり、一日単位や一週間単位などのごく短期間での使用も想定されていますので、このようなシチュエーションにはぴったりといえます。

この場合の契約の相手先はオフィス製品やデジタル製品を専門的に取り扱っているレンタルショップであり、在庫がもしもあれば最新機種の製品であっても借りることが可能です。レンタルしたコピー機の費用ですが、基本的には使用した期間に応じた金額で決まり、場合によってはやや長期の使用に備えて一か月単位での割安な単価も決められていることがあります。

イベントなどの会場までショップから輸送したり、会場内に搬入または搬出したりする工賃は別途プラスされることがあり、その場合はショップからの距離や機器の重量に応じた料金体系となっています。また紙詰まりや印刷のかすれなどのトラブルがあった場合にエンジニアが出動すると、当然ですが人件費がかかりますが、この費用は最初から基本代金に織り込まれていることもあれば、別途メンテナンス契約のようなものを結ぶことで対応することもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *