コピー機のレンタルが役立つシーンとは

普段はコピー業務をする機会がなくても、イベントやセミナー会場などでは必要になるケースがあります。

ただ数日で終了する業務であれば、そのためにコピー機を導入するのは会社にとって損失になる可能性があります。オフィス用品全般は高額ですし、使わなくなって売るとなっても高値はつきません。購入するほどではないけど、たまに必要になるというシーンではコピー機のレンタル制度が役立ちます。1日や3日などの短期間に対応でき、使用する場所まで届けてもらえます。レンタル費用はコミコミ価格になっており、故障時のアフターフォローなども含まれているのです。

さらに減価償却をする必要がないなど、資産計上をする面倒がないのも魅力です。コピー機のレンタルを活用すれば、自由に機種を選ぶことができます。最新タイプを選択するのもありですし、使いやすさにこだわるのもおすすめです。購入やリースを検討している場合は、コピー機のレンタル制度との費用を比較検討し、費用対効果を算出してみてください。重要なのは企業にとって、どの方法が一番メリットが大きいかです。

どのコピー機を選べばよいのかわからないときは、レンタル会社に相談すれば最適なタイプを提案してくれます。FAXやスキャナー機能付きのタイプもあり、用途に応じて選ぶことができます。たまにしかコピー業務を行わないのであれば、使いやすさに重点を置いて選択していくのが得策です。多機能タイプはさまざまなシーンで役立ちますが、使い勝手においてはシンプルな機種のほうが優れている場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *