オフィスによって、コピー機はレンタルの方が有利

近年ではモノを所有しない考え方が当たり前になっており、サブスクリプションというビジネスモデルが流行しています。

サブスクリプションとは、モノやサービスを一定期間利用する権利を獲得し、その対価として料金を支払う方法と定義されます。一般的にサブスクリプションは定額制として認識されており、利用すればするほどお得な契約とされます。リースやレンタルとは少々異なるとはいえ、モノを所有せずに基本的に定額料金を支払うという点では共通しています。また、モノを所有することにはリスクも伴います。

こうした様々な理由から、コピー機をはじめとするOA機器についても、リースやレンタルを取り入れる企業が増えるのは、至極当然のことと言えます。原則として、コピー機を導入する場合、導入期間が長期(3年以上)になるならリース契約を、短期(1日~数年)ならばレンタルを選択するのが好ましいとされます。その理由は、コピー機はリースの方がコストパフォーマンスが良い反面、途中で解約することができないからです。

つまり、リースの補助的な導入方法として、レンタルは活用されてきました。例えば、審査の理由でリース契約を締結することができない企業や個人事業主、あるいはイベントなどでわずかな期間中だけ利用するケースです。しかし、近年ではペーパーレス化や経費節約のマインドが強まっており、コピー機をそれほど利用しないオフィスが増えています。こうしたケースでは、リースで最新機能を搭載したマシンを導入する必要性は低いと考えられますから、レンタルへの切り替えを検討してみる価値があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *