会社のコピー機はなぜリースが多いのか

会社で使っているコピー機はリースが多いのはなぜでしょうか。

いくつかの理由を考えることが出来ます。一つの点として言えることは、コピー機はメンテナンスが必要だということです。つまりメンテナンスを怠ると壊れたり、きれいにコピー出来なくなってしまう可能性があるのです。しかもビジネスの場面でスピードが求められる時に機械が壊れていたら大変なことになります。会社に損失を及ぼしてしまいます。別の点として、ユーザーが必要としている機械を選ぶことが可能であり、しかも新品を貸してもらえるのでその点も大きなメリットといえます。

レンタルになるとレンタル会社が所有している機械の中から選ぶことになるので大きな違いとなります。最新式であればスピードも速く、業務のストレスを減らしてくれます。最後の点として、初期投資を安く抑えることが可能になります。特に起業をしたばかりの人は、初期投資にかなりのお金がかかります。少しでも初期費用を抑えるためにリースは一つの選択肢となります。複合式のカラーコピー機を新品で購入したら何十万円もします。金額を考えるとリースがいいです。自然災害やコロナなど予想も出来ないが生じてしまい、資金繰りが厳しくなることもあります。そのような時に初期費用が安いリースは大きなメリットと言えます。幾つかの理由を考えただけでもリースのメリットが分かります。もちろん、使用する期間や保守点検料なども考えた上で借りることが大切です。
コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *