欠かせないコピー機をリースしましょう

ペーパーレス化会社の今日でもコピー機は必要なものです。

用紙にプリントされた文字情報はビジネスにおいて不可欠でしょう。コピー機を導入するとき、レンタルとリースのどちらにするか迷うかもしれません。レンタルよりリースの方が利用期間は長めです。中途解約することはできませんが、その分だけ料金はお得になります。初期費用に関してはかからず、ここもレンタルと違う点です。導入する製品を複数の種類の中から選べるところもポイントです。最新の機種を導入するこもできるでしょう。レンタルではコピー機を選べず、会社におまかせする形になります。

それぞれのメリットとデメリット、どちらを選択すれば効率的に仕事ができるか、導入する前に確認してください。経費処理に関しても行う必要があるかどうかチェックしましょう。リースしたコピー機は経費処理が可能です。リースのデメリットについては所有権を得ることができません。所有権は契約会社にあります。そのために原価償却や固定資産税が不要であることは大きなメリットです。その契約をする時に審査があるかどうかも気になっているかもしれません。レンタルの場合は審査がありませんが、リースの場合は審査に通らなければなりません。審査落ちする可能性もゼロではないです。審査が実施されるわけは料金の支払い期間が長いからです。多額の借金をしているなど、あなた会社の経営状況によっては審査に通らないかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *