コピー機リースの利点と欠点を知り失敗を防ぐ

オフィスで使われるコピー機は事務機器の中ではかなり高額で、新品で導入しようとすると100万円を超えることになります。

そのため、リース契約によって導入されることも多くなります。リース契約とはコピー機をリース会社がユーザーの代わりに購入して貸し出すというもので、これにより一度に多額の購入資金を払うこと無くコピー機を使用できるというメリットがあります。また、毎月発生する料金は全て経費として処理できるため、コスト管理がしやすいというのも利点です。一方でデメリットもあり、特に大きいのが中途解約できないという点です。決まった年数がリース期間となり、その契約期間もユーザー側が自由に設定することができません。もし解約した場合には、残りを一括で支払うことになります。

さらに、初期費用は安くなりますが、総合的に見るとコピー機を購入する場合よりも割高になり、ユーザーに所有権がないので契約が終われば返却することになるといった注意点もあります。そういったメリットとデメリットがあるため、コピー機をリースで導入する場合は契約する前にきちんと見積もりをしてしっかり確認することが大切です。料金の相場もありますが、本体価格や会社によって違いも大きいため、実際に見てみないと分からない部分も多くなります。また、相場より安い会社もありますが、契約期間が数年となるため、安さだけで無く信頼できるかどうかも失敗しないための重要な要素です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *