コピー機のリースがお勧めな理由

オフィスにほぼ必ず必要といっていい備品のひとつにコピー機があります。

新しく起業を考えている場合は、事務所代やもろもろ出ていく支出で頭がいたいはずですし、今あるものが古くなったので交換を考えるにしても、購入になると少なくとも50万円以上と高額な出費になります。新規で買うのか中古で買うのか、またはリースにするのか悩むところでしょうが、そういった備品はリースにしたほうが実はいろいろメリットがあるのです。一番のメリットは購入する場合と違い、リース代は経費になり会計処理上資産にならず、減価償却や固定資産税などは発生しないので、毎月の会計処理が複雑ではないことが挙げられます。初期費用がゼロ円なので、特に起業を考えている人には大きな魅力でしょう。

ただ、リースは最低契約年数が一般的に5年と長いので、途中で解約できないのが難ではありますが、契約年数がおわれば、また新機種のリースと変更することで、常に高性能な新しい機種を使用できるのはメリットでしょう。使用頻度によって料金もかわるカウンター制が一般的ですが、契約にはトナーの交換や定期点検も含まれる場合がほとんどですので、急にトナーがなくなって慌てる、コピー機の故障で困るといったトラブルを避けることもできます。あまりコピー機を使用しないようであれば、毎月の費用も重荷になってしまうかもしれないので、使用頻度や購入の場合とくらべたメリットデメリットをよく考えたうえで導入されることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *