コピー機のレンタルするメリットとデメリット

コピー機のレンタル契約は、最短で1日から借りられる会社もあり、通常でも2~3日で借りられる会社がほとんどなので、短期間だけ利用したいときにメリットが大きくなってきます。

また、審査が必要ないという点もメリットで、リース契約の場合だと審査の結果次第でリースを断られてしまう可能性もゼロではないので、審査なしで気軽に借りられる点は大きなメリットといえます。さらにリース契約は契約満了まで解約できないことに対して、レンタル契約は融通が利くのでいつでも解約できますし、コピー機自体の所有権がレンタル会社にあるため、購入の際に計上する減価償却や固定資産税が発生しなくなるといったメリットも生まれてきます。コピー機をレンタル契約する場合、月額で5万円から10万円程度の費用がかかってしまいますが、リースの場合はこの半額程度で済むので、月額費用が高額になるという点はデメリットになります。

また、最新のモデルや機種などがリストにないケースも多く、導入したいコピー機がある場合ではその希望が叶わない可能性もあったり、型が古い中古品から選択することになるため、メンテナンスがいくらされていても故障のリスクを抱えてしまうといったデメリットも発生してしまいます。さらに搬入搬出費用として支払いが発生するケースもあり、クレーンでの吊り上げが発生する場合の搬入搬出は特に高額な費用がかかってしまう点も大きなデメリットの一つといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *