コピー機のリースとレンタルの特徴の違いを把握する

コピー機のリースはどんなサービスなのか、よくわからないという人は多いでしょう。

レンタルサービスは何となくわかっていても、コピー機のリースについては詳しくは知らないという人も少なくありません。コピー機を導入しようと考えているのであれば、利用期間が予めある程度決まっているなら、リース契約にするか、レンタル契約にすればいいのか、どちらにしようかと考えることもあります。2つの特徴の違いをよく知ってから、後悔のないように選択をすることが大切です。

どちらも似たようなサービスだろうと、安易にどちらかを選んでしまうと、後から「利用用途に合っていない契約だったため、費用が高くなった。」など、失敗したと感じることも出てくるため、下調べはきちんとしておくことをおすすめします。コピー機の「リース」の特徴は、最新モデルの機器を導入でき、初期費用を抑えられるところです。数ヵ月ほどの契約であれば、コストが悪くなることがありますが、3年から6年といった風に長期間による契約であればコストパフォーマンスが良くなります。

メンテナンスも含まれた月額料金になっていることも多く、契約後でも安心して利用できます。ただし、数年の契約の間で解約ができないというルールがあるため、確実に2、3年以上使用する場合において契約を検討するとよいでしょう。コピー機の「レンタル」の契約の特徴は、リース契約と違って契約は解約したいときに解除できるので柔軟です。手軽に借りられるということから、イベントや研修会など、数日から数ヵ月間の一時的な期間で利用したいときに向いています。レンタル品は古い機器であることが多いため、希望する機器は手に入らない可能性も高く、最新の機能性は得られないこともあるので妥協も必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *