コピー機リースのメリットとは

コピー機をリースして導入するメリットは色々とあります。

購入する際には発生する事も、借りて導入する際には発生しない事もありますので、それを知っておくとお得に運用する事が出来ます。まず、毎月数万円を支払うだけでコピー機が導入出来るという点です。中古で古い機種の場合は安く購入が出来るのですが、比較的最新の機種や最近出た機種の場合は1台100万円する時もあります。それを考えるとかなり安く導入が可能になります。他には『固定資産税の対象にならない』という点があります。

この点はかなり有効で、普通に購入をすると資産として扱われるので、固定資産税を支払う必要が出てきます。そうなると、計算をしなければいけない手間がかかりますし、支払う際にコストもかかってしまいます。また、コピー機はメンテナンスが必要になる事もあります。いわゆる故障をする時があるのですが、購入の場合は修理を依頼するか、自分でしなければいけません。

最悪買い替える必要が出てくるかもしれません。ですが、リースの場合は向こうがやってくれますので、この手のサポートもしっかりとしているメリットがあります。しかし、無料で修理をしてもらう為には、カウンター料金(一枚コピーする際に支払う料金)を支払っておかなければいけませんので、注意しておきましょう。

コピー機をリースすると得られるメリットは、経済面が大きく関わってきます。月額数万円で安く導入が出来るという点、固定資産税の対象にならないのはコストカットになる点、そして故障の際にリース会社がサポートしてくれる点、これらは購入では受けられない事なので、借りて導入するメリットもあるというわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *