コピー機のリースで節約して利用する

ビジネスやオフィスに対して、ペーパーレスの時代がくると言われて数十年経ちますが、実際のビジネスの現場で情報量が増えることによって実際の印刷枚数は増加傾向になっているケースが多くないでしょうか。

このようにビジネスにおけるコピー機のウェイトは大きくなる一方です。ただ一般的に購入するという事はお勧めしません、なぜなら今の時代には高額のコピー機を購入するとなると大きなリスクになるからです。初期導入を購入する場合には、コピー機は数十万の費用と印刷費用が別途かかってきますので負担が大きくなります。

またビジネスの状況にて利益が大きくなったりビジネスモデルの変更によって、機材の変更の必要がある場合には現状使っている機材の処分と新たな購入の機材の費用が二重にかかってます。ビジネスにて利用するケースに関してはリースする事により、初期導入コストを抑えつつ高品質の印刷をする事が出来ます。

リースのメリットとしては、減価償却を意識しなくても良く、数年利用して新しい機材と入れ替えする事も、出来るようになります。また契約に対して、購入ではなくリース契約ですとコピー用紙の購入費用に対しても共同購入などの費用面でも優遇されることもあります。また、最近のコピー機はネットワーク管理されていますので、紙詰まりなども電話回線にて自動メンテナンスを行ってますので、不具合が発生されるケースですと電話対応などもなく、メンテナンスの担当者が作業を行ってくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *