コピー機はリースがおすすめ

コピー機を導入する方法には、『購入』と『レンタル』、そして『リース』があります。

どれを利用してもコピー機自体の導入は可能ですが、サービス内容や支払い方法が違いますので、自分に合っているのはどれなのかは人によって変わってきます。例えば、購入の場合は資産になりますので、税金を払わなければいけなくなりますが、リースの場合は所有権は向こうにありますので、そこに税金が発生しないという事になるのです。このように、導入の仕方によって細かい所に長所と短所がありますので、自分に合っているのはどれかを選ぶ事が大事です。

コピー機のリースについてですが、これは毎月数万円払う事で導入する事が出来ます。普通に購入するとなると、最新の機種の場合は百万円ほどはかかる事がほとんどなので、躊躇してしまうのです。しかし、リースになると毎月数万円を支払うだけで良いので、気軽に導入が出来るというわけです。しかし、リースには欠点もあります。その一つが、基本的に長期契約になるという点です。

5年間の契約になる企業がほとんどなので、5年間は使い続ける事が分かっている人には問題がありませんが、短期的に使うという人には向いていません。また、途中解約が出来ませんので、短期的の契約が出来ないという事になります。利用する前にはどのくらいコピー機を使うのかを確認してから使うかどうかを判断しましょう。先ほどにも書きましたが、5年間しっかりと使い続けるならば問題がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *