コピー機のリースとレンタルの違い

コピー機のリースについてですが、これはレンタルと違って5年間という長期契約になってしまうという点があります。

レンタルは3年契約が基本になりますので、2年間も短いものになります。長い間使う事が判明しているのならば、問題がありませんので、リースを利用しても良いでしょう。また、もう一つ注意しておいた方が良い所があります。むしろ、これを気を付けておかなければ後で後悔してもしきれない事に繋がってしまうのです。それが、リースは途中解約が出来ないという点です。

つまり、5年間の契約をしたならば、5年間は毎月お金を支払い続けなければいけなくなるというわけです。これのせいで、途中でコピー機を使わなくなってしまっても、途中で解約して支払いをやめるという事が出来ません。ここをきちんと理解して契約をしないと、大きな損失になってしまうのです。レンタルは途中解約が出来ますので、損失を最低限に抑えられます。

もしも、コピー機をリースしようと思っているのでしたら、5年間の長期契約になるという点と、途中解約が不可能という部分を必ず覚えておきましょう。導入して契約年数の間は使い続けると分かっているならば、なんの問題にもなりませんが、もし契約満了になる前に使わなくなるかもしれないならば、無理にリースを利用するのではなく、レンタルサービスを利用した方がいいかもしれません。レンタルは短期契約に向いていますので、こちらの方が良いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *