コピー機のリースについて

コピー機を購入しようと思っても、本体価格がとても高いので手をつけられないです。印刷速度などの性能も影響しますが、本体価格は簡単に手をつけられない金額といえます。企業によっては、複数台に渡り必要になることもありますが本体が高いためリース契約を踏むんで導入しているところがほとんどです。事務作業では、必ず必要となるコピー機をできるだけ手頃な価格で使用したいでしょう。

リース契約を結ぶ際のポイントを知っておけば、無駄なコストを省くことができるので覚えておいてください。リース料金は、コピー機のスペックに左右されます。中でも、料金に大きな影響がでるのが印刷速度です。印刷速度が速いほど、性能が良いということなので通常より料金が高く設定されています。

頻繁に印刷をする現場では、適切な印刷速度が必要です。月間の印刷枚数を割り出して、現場に適切な機種か判断しましょう。リース契約は、大手メーカーや専門の販売代理店と結ぶことができます。どちらと契約を結ぶかによって、コストが変わってくるのできちんと判断しましょう。

大手メーカーであれば、コストは高くなりますがコピー機の種類が多くハイスペックな機種が取りそろえてあるので高品質な印刷物が完成します。一方、販売代理店はコストを下げられますがリースが可能なコピー機の種類が少ないです。スペックにも限界があるため、高品質の印刷物を作成するのは厳しいですが通常のオフィスであれば問題はありません。コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *