費用が安く手間もかからないコピー機再リース契約

契約満了時の近づいたコピー機のその後の選択肢として、再リース契約を選ぶこともできます。良い面とマイナス面を知ることで、どうするべきかの判断もつきやすいです。目をそらしたくなるマイナス面としては、すでに長く使った機器をさらに延長して使うため、不具合が少し多くなることも考えられます。次々新製品が出てくるのもOA機器の世界であり、もし製品本体販売が終われば、部品類の製造も終わるため、故障時に修理ができません。

交換部品がなければ、トラブル時にも修理ができなくなるためです。安くなることを密かに期待しますが、カウンター料金も安くなることはありません。販売が終わった時に知っておくべきなのは、機器の部品をメーカーがするのは7年間ということです。製品販売が終わって、7年が過ぎたらメーカーは、部品を所持する必要がなくなります。

しかし現状ではコピー機を、再リースする人気が衰えることはありません。マイナス要素を打ち消すくらい、メリットも多くあるためです。企業で導入をするなら、できるだけコスト面を削減できれば満足度は上がります。そこへいくとコピー機の再リース契約は、通常よりも価格を抑えることができるので、費用面の満足レベルは高いです。

初回契約時とは異なり、解約は一でもすることができます。数年間の契約満了により返却するなら、運搬費用が発生をしますが、そのまま使用するため運送の手間もありません。新規の初回契約ではないため、コピー機リース契約の場合は、契約期間も短く気軽な利用ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *