コピー機のリースにはいくつかの種類があります

コピー機をリースで導入する場合、通常はファイナンシャルリースという契約方法が用いられます。これは、利用する企業が審査を経て、サービス会社からコピー機の購入資金を借り受けます。そして、利用者は契約で定められた期間中、決められた金額を返済していくことになります。ややこしいのは、契約期間が満了すると所有権を獲得できる所有権移転型と、満了後はサービス会社に機械を返却する所有権移転外型の2種類がある点です。

一般的には、満了後は返却する後者の所有権移転外型を締結しますが、対象となるコピー機が丈夫で長持ちする場合については、まれに前者の所有権移転型を結ぶこともあります。この他にも、中小企業や零細企業が利用しやすいように配慮した契約形式も見られます。最も広く認識されているのは、先ほど述べた所有権移転外型の契約で返却された中古品を活用し、安く貸し出すオペレーションリースです。そこそこ質の良いマシンを割安価格で利用することができることから、中小零細企業などに一定のニーズがあります。

この契約では期間を短めに設定することも認められるため、レンタルと同じような感覚で導入可能です。さらには、親会社から子会社に転貸するような形式を認める転リースや、時期によって支払金額を変動させる不均等払いなどがあり、会社の状況に合わせた選択が可能です。以上のように、ひとくちにリース契約と言ってもさまざまな契約形態があります。複数のプランを持ち合わせているサービス会社を活用すれば、きっと有意義な契約を締結することができるはずです。

例えば、不均等払いを活用し、初期段階のコスト負担を軽減させることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *