リースコピー機の法定耐用年数は一般的に5年間

事務所で使うコピー機の多くは、一時的なレンタルや購入ではなく、長期間のリース契約が一般的な導入方法です。契約をするときには申請書を取り交わしますが、利用をするサービス提供の会社ごと、申請書の内容も異なります。精密機器となるコピー機の法定耐用年数はおよそ5年ほど、リース契約もその年数に近い設定です。最短の期間では3年間というケースもありますが、OA機器は年々耐久性が向上しています。

搭載されている性能も一定の水準ですから、最新機種を導入する際にも性能という点では優れた機種が多いです。こうした背景がありますのでオフィスへの導入するコピー機のリースは、法定耐用年数を少し超えますが設定として6年ほどに設定されることもあります。使用頻度がかなり多い場合は、それだけ機器にも負担が加わるので、6年をオーバーするような契約には注意も必要です。毎日の稼働率がかなり多くなるようなら、それだけ故障や不具合も増える可能性が高くなります。

もちろん何かトラブルがあれば、些細なことでもすぐに修理などの対応をしてくれますが、使用頻度なども考えて契約期間はきめることです。正式な契約申し込みをする前に、コピー機のリース会社に、実際に契約をするための条件をいくつか提示をします。物件名に始まり製品価格、支払いに関わる条件や納期時期や契約時期などの提示です。事前に支払い方法も確認をするべきであり、前払いや2回目以降の支払い方が違うなど、コピー機リース会社により違いもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *