リースコピー機の保守契約により実費の負担は大幅軽減

ビジネスシーンでもリース契約などで大活躍のコピー機ですが、実は保証という基本的な概念はありません。新品でオフィスに導入をしても、不具合や故障時の対応は有償です。機器のトラブル時の出費はレベルにもよりますが高額であり、頻繁に起こるようなら経費はかさむばかりです。毎日使う機器だけに紙詰まりを起こしたり、カラー調整がイマイチになったり、稼働率が頻繁になる程不具合が起きても仕方がありません。

精密機器ですから故障することはありますが、そのたびに業者を手配していては、メンテナンス費用ばかりが掛かってしまいます。導入側の費用面の負担が大きくなるのを防ぐためにも、リース契約のコピー機にあるのが保守契約です。カウンター保守契約があるおかげで、機器のトラブル発生時にも実費負担は発生をしません。コピー1枚の単価設定がされていて、業者に払う料金はカウンター料金内に入っています。

また印刷の単価にトナー代金は入っていて、こうしたシステムがあるため実費負担がありません。消耗品のカバーをするだけではなく、機器の故障時の対応も同じく修理費用は掛からないです。これが自社で購入をした場合だと、故障時対応も消耗品のなくなった時も全額自己負担になります。リースコピー機のカウンター保守契約ですが、解約をする時期に関してはその人の意思に任せられるので自由です。

ただし再契約を行うことはできませんので、任意であってもわざわざ保守契約の解約を途中でする必要もありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *