コピー機導入を安くすませたいならリース

コピー機をとにかく安く導入したいと考えているのなら、リースと言う方法があります。リースは一つの機種をリース会社が提示した契約期間の間使い続けることを条件に、月々の利用料金が安くなるというプランです。そのためモノクロ印刷しか行う予定がないなど、使いたい機種の機能が定まっている方には特におすすめの方法となります。逆にコピー機を最新機種が出るたびに、新しいものにしたいと考えている方やイベントなど短期間だけ必要な方には向いていない方法と言えるでしょう。

コピー機の導入方法は他にも購入やレンタルがあります。レンタルは1日単位から借りることが出来るので、すぐにコピー機が必要な方などには向いていますが、長期的に見ると単価が高くなる傾向にあります。購入する場合はインクやメンテナンスができる人材など自分で何もかも用意する必要があり、完全に壊れてしまった場合にはまた新しい導入方法を考えなければなりません。その点リースであれば不具合が起きた場合でもすぐに相談が出来るだけではなく、必要なアイテムの用意もあるのでおすすめです。

リースを始めるときには契約審査に時間がかかるので、この日までに導入をしたいなどの予定がある場合には早めに行動を起こすようにして下さい。会社のホームページなどを参考に、自分が必要としている機能なのか見当を付けておくとよりスムーズです。モノクロ印刷が得意なものがいいか、カラー印刷は必要かなどは最低限決めておきましょう。コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *