コピー機のリースにはメリットがいっぱいある

これから起業して会社やお店を構える予定のある方の中には、OA機器の導入を検討するケースがあるかもしれません。確かにコピー機はオフィスや店舗には欠かせない重要なOA機器ですが、購入するにはコストがかかるのも事実です。特にコピーに加えてFAXやプリンターあるいはスキャナーやネット通信などを搭載した、最新の多機能な複合機ほど価格も高くなりがち。起業したばかりで資金に余裕のない経営者にとっては、コピー機の購入になかなか踏み切れないケースも見られます。

そんな方に最適なのがリース契約でコピー機を導入することです。コピー機を所有するリース会社と契約した期間に借りて、あらかじめ定められた料金を毎月支払うだけなので、初期費用は購入するよりも圧倒的に少なく済みます。また固定資産税がかからないのも、リース契約では注目したいメリット。コピー機はあくまでも貸し手の所有物であり、借り手には納税の義務がありません。

さらに固定資産税に伴う計算や台帳の作成、あるいは年間の棚卸しといった、煩雑な事務処理も大幅に不要になります。さらにリース契約にすれば、減価償却でもメリットがあります。計算では月々の定額で償却することになるため、購入した場合の定率法による計算に比べて、利益率が比較的高くなります。起業したばかりの経営者にとっては、これは大きなメリットと言えるでしょう。

最後のメリットとしては、契約を更新するたびに新品の機種を使い続けることが可能な点です。リース契約では新品の機種が基本になるため、新品を買い換えるよりもはるかにコストを安く抑えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *