コピー機をリースで導入するメリットと注意点とは

オフィスで必要となる機器にはコピー機がありますが、リースで導入する場合の特徴やメリットなどを知っておきましょう。まずリースの主なメリットを確認してみると、初期費用がかからずに最新の機種を気軽に導入できるという点があります。レンタルですとおおむね中古の型落ち品などが多いですが、リースならスペックにも優れた最新機器を利用できます。また支払いを経費で処理できますし、減価償却などの面倒な手続きや事務処理がかからない点もメリットです。

他にも保守費用を安くできたり、災害や盗難などのトラブルに対しての補償も受けられるのが特徴です。このようにコピー機をリースで導入すると様々なメリットが受けられますが、一方でデメリットの部分も確認しておく必要があるでしょう。デメリットとしてはまず途中での解約ができない点があります。あくまで期間を設定して契約を行いますので、様々なサービスの充実にも繋がっているのです。

また支払総額は、現金でコピー機を購入した場合より高くなってしまうという事も挙げられます。しかしリースという物はローンのような性質もありますので、これは納得の上で契約している事でもあります。そしてオフィスに導入するまである程度の日数がかかる点もデメリットかも知れません。これらの事からの注意点は、事業の継続性などを想定し、どのくらいの期間コピー機を使用するのかなどをしっかり計画しておけば、リスクは少なくお得に導入する事ができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *