最新のコピー機はリース契約がおすすめ

一般的にOA機器は進化のスピードが速いため、オフィスや店舗で使用しているものは、一定の期間が過ぎると買い換えるのが通常です。これはコピー機も例外ではありません。実際にFAXやプリンターあるいはスキャナーといった機能に加え、ネット通信で操作できる複合機も、オフィスや店舗などでは多く目につくようになりました。とはいえ、最新の機種に買い換えるのは、コストの面で大きな負担になりがち。

できることなら導入コストを低く抑えて、最新の機種と入れ替えるのが理想でしょう。そこでおすすめするのが、コピー機のリース契約です。これはリース会社と一定期間の契約を結んで、毎月の使用料金を支払いながら、コピー機を借り続けるというもの。購入するよりも圧倒的に費用を抑えられる上、新品で最新のコピー機を導入できるメリットがあります。

しかも新品でのリースが基本なので、契約を更新するたびに新しい機種が導入されます。コピー機を繰り返しハードに使用し、買い換えるたびに重い費用を負担していたオフィスや店舗ならば、リース契約がまさに最適と言えるでしょう。契約期間中の破損や盗難さらには火災や地震といった、様々なリスクが心配な方もいるはずです。この点、動産総合保険で補償されるので心配ありません。

これは動産に対して適用される損害保険であり、リース契約と一緒に付帯されているの一般的です。もし心配ならば、契約の際によく確認しておくとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *