コピー機をリースにするメリットを知る

コピー機や複合機はオフィスには欠かすことができない存在ですが、業務用の商品を購入するとなると多くの導入費用も発生します。さらに減価償却などが面倒だと感じている人もあるのではないでしょうか。そのような場合は購入ではなく、レンタルを利用することも考えてみましょう。短期間で使うのであれば数日単位から利用できるレンタルが向いていますが、長期間で使うとなるとレンタルでは月額料も高くなる傾向にあります。

3年以上など長期的に使うのであればリースを検討してみましょう。コピー機をリースで利用するメリットとしては、まず新品の最新機種から選べるということがあげられます。レンタルの場合は中古機器が中心になりますし、選べる機器も限られてきますが、リースならより自由に選ぶことができます。コピー機を一括購入するための設備投資費用が不要になりますので、その分の金額を運転資金に回すことができます。

毎月の使用料は全額経費にすることもできますし、所有権はリース会社にありますので減価償却の手続きも必要なく、固定資産税も発生しません。保険も適用されますので、火災や盗難などの災難にあった場合でも補償を受けることができます。分割で購入するのと変わらないと感じる人もあるかもしれませんが、3~5年程度の期間に設定しておけば、常に最新のコピー機を使えるのもメリットです。事もできます。

契約の満了時には返却や買取、再リースなどから選ぶこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *