オフィス環境で欠かせないコピー機のリース会社の利点

全国各地で営業をしている会社では、多くのケースでオフィスで使うコピー機はリース契約で使用している事実があります。勿論、自社で購入したものを使っている会社もありますが、オフィスで使用するタイプは、大型複合機に分類されているものなので、購入額はかなり高額になってしまいます。資金が潤沢にある会社は例外として、コピー機のリース契約で使用している会社が多い理由には、やはりイニシャルコストの問題があります。メーカーや機種、機能性により違いはありますが、高額なものでは80万円以上もの価格の大型複合機が多く、1台なら購入はできても2台3台と必要とする会社では経費を圧迫してしまいます。

コピー機のリース会社の利点は、初回に掛かる費用を一切省いていて、契約料などまとまったお金は無用です。利用月から完全に月額制で借りることができ、機種により違いはありますが、低料金でリース契約を結ぶことは十分に可能です。利点は他にもあり、契約中に限ってはメンテナンスを定期的に行ってもらえるサービスがあり、不具合が発生した際にも原則無料で修理を行ってもらえます。更に壊れてしまった際にも無償で交換を行っていることも利点と考えられます。

自社で購入をするとコピー機の管理は自前で行わないとなりませんが、リース契約では月額料だけの支払いで常に安定して使うことができるので余計な経費が掛かってしまうこともありません。多くのケースで5年契約としていることが目立ちますが、契約満了後には新しい機種で契約をし直すこと、一部の会社では買取制度を設けているので低料金で買取りする方法などお得な選択肢があることも利点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *