コピー機はリースと購入ではどちらを選択するとよいか

オフィスではコピー機の存在は欠かせないため、導入する場合にはリースにするか購入するかで迷う担当者は多いことでしょう。コピー機をリースする場合と購入する場合のメリット・デメリットは、それぞれの会社の状況により異なります。機器の価格面でいうと、リースであれば月々の支払額がすべて損金扱いとなるため、経費とできる点ではメリットがあります。それでも、購入した場合に比べて総額は高くなる傾向にある点がデメリットです。

購入する場合は、損金算入できるのは減価償却分となるため、支払った金額を全て経費として計上できないのはデメリットですが、総額では安く済む場合が多く、ローンで購入した場合には管財した後に自分の資産にできるメリットがあります。コピー機は、機器の金額とともに考えたいのがランニングコストです。コピー機のトナー代は意外に高くつくこともあり、メンテナンス費用もばかになりません。購入した場合にはこれらが一時期に費用として発生する場合があるため、予算として見込んでおく必要があるでしょう。

その点、リースではカウンター保守契約を結ぶケースが大半であるため、費用の均等化を図ることができます。カウンター保守契約では、コピーを1枚したらいくらという形で費用が発生し、トナー代もそれに含まれています。加えて、業者が定期的にメンテナンスにも訪れてくれるため、大きな故障が発生するリスクを回避でき、オフィスの業務を滞らせないで済む点もメリットとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *