iPhoneXの故障時対応

###Site Name###

iPhoneXがおかしな動きをしたり、電源が入らない等の場合は落ちついた対応が必要です。


もし、落下や水没などのように故障の原因がはっきりしているならすぐに電源を切り、ショップなどに持ち込むことが大事です。

電源については切れた後にすぐに電源を入れようとする方も多いですが、落下の場合は配線がおかしくなっているケースも多いですし、水没の場合はショートの可能性もあるので、できればショップなどにそのまま持ち込むことをおすすめします。


ただし、自分で対応したいという場合には水没なら乾燥剤と共に数日から1週間前後密閉した袋に入れておけば水分が取れて復活することもあります。



落下の場合は軽く振って内部で部品が動いていないかを確認し、破損が内容なら電源を入れて判断となります。



iPhoneXは比較的丈夫な部類のスマートフォンですが、落下や水没ではこわれますので日頃からケースを付けるなど対応が必要です。iPhoneX用のケースは日々進化しており、薄型でも耐衝撃性能や防水機能が付いているケースも多くなっています。
スポーツやレジャーで水没や落下の恐れがあるならぜひともケースを使っておきたいところです。


また、このような場合の保証はアップルケアでも対応できないケースが多いので、通信キャリアが提供している追加保証を使っておくと安心です。
追加保証では無償修理とはいかなくても、修理上限がかなり低めに設定されているのが特徴で利用している方が増えています。


iPhoneXはメーカー保証で防水機能はありませんが、iPhoneXあたりから防水性能がかなり高いのではないかと言われてきています。

特にiPhoneXからは雨に非常に強くなってきたのが特徴であり、メーカーは否定していますが、構造上かなりの防水性が確認できます。

さらにiPhoneXからは内部構造が変わってきており、内部に水が侵入しづらい構造が見て取れます。



もともと製造過程が丁寧な作りであるiPhoneXですので水は入りづらいとも考えられていましたので、日常使いでは満足の行くレベルにあるとも考えられています。

ただし、水没の場合は故障してしまうケースが多いです。
作りが良くても隙間はどうしてもありますので水没してしまった場合はすぐ処置をして故障を防ぐことが必要です。

水没してしまった場合の対応としては主に2つのことをします。

1つは電源をきること、2つめは乾燥剤をいっしょにして密封することです。

電源については水没して電源が落ちた場合などに電源を入れようとする方が多いですが、内部でショートしてしまう恐れがあるので電源がつく付かないにかかわらず、すぐにOFFしなくてはなりません。


電源を落としたら乾いた布でよく拭いて乾燥剤とともに袋で密閉します。
乾燥剤は100均などでも販売されていますし、お菓子などに入っているものでも構いません。

袋に密閉して数日置くことが必要ですが、ショップが近くにあるならすぐに持ち込むことも大事です。